<3D雨雲ウォッチ

国立研究開発法人情報通信研究機構×『ライフレンジャー天気』~最新技術を誇る、3次元観測「フェーズドアレイ気象レーダ」アプリの実証実験を開始~

 (株)エムティーアイが運営する天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)との共同研究により、「フェーズドアレイ気象レーダ」の3次元観測データを用いて、ゲリラ豪雨の発生をリアルタイムで知らせる“ゲリラ豪雨検知アプリ”を開発し、7月21日(火)より実証実験を開始します。  「フェーズドアレイ気象レーダ」は、(株)東芝、大阪大学、NICTが共同開発した、30秒毎という今までにない高頻度で雨雲の中を3次元観測し、ゲリラ豪雨を高精度でキャッチできる、日本初の気象レーダです。  そのリアルタイムデータを一般の人々にも提供したいという両者の思いから完成した本アプリは、刻一刻と変化するゲリラ豪雨の発生状況を3次元レーダーマップで確認できるだけでなく、今まで察知が難しかったゲリラ豪雨の可能性を、瞬時にスマートフォンのプッシュ通知で受け取れます。  本実証実験で、アプリの有効性を検証し質の向上を図ることで、社会問題化している突発的な局地的大雨(ゲリラ豪雨)の被害軽減と対策に役立つサービスに発展していきます。 ◆ゲリラ豪雨や竜巻などを事前に察知する、最先端の3次元観測気象レーダ技術  局所かつ突発的な大気現象の詳しい構造や前兆現象を観測するのに、最も有効な手段は気象レーダです。  従来から、台風や梅雨前線などの降雨を観測するために、大型気象レーダが日本全土を覆うように配備されていますが、これらは地上付近の降雨分布観測に1~5分、降水の3次元観測に5分以上の時間を要します。  局地的大雨をもたらす積乱雲は10分程度で急発達し、竜巻もわずか数分で発生し移動するため、それらの兆候を迅速に察知するには、秒単位で詳細な3次元構造を観測できる「フェーズドアレイ気象レーダ」技術が期待されています。 ◆東芝×大阪大学×NICTの共同開発で、日本初の「フェーズドアレイ気象レーダ」が誕生  2012年に(株)東芝、大阪大学、NICTが、従来の気象レーダで5分以上かかっていたゲリラ豪雨や竜巻などの3次元観測を、30秒毎という頻度で高精度に観測できる気象レーダ「フェーズドアレイ気象レーダ」の開発に日本で初めて成功しました。  これにより、局地的大雨や集中豪雨をもたらす発達の早い積乱雲の前兆現象をリアルタイムに観測でき、今まで察知できなかったゲリラ豪雨や竜巻などの気象状況をより迅速に検知できるようになりました。  開発後も、本レーダの性能を評価する試験を兼ねた観測を継続し、豪雨発生のメカニズムを明らかにしてきました。 ◆NICTと『ライフレンジャー天気』が、「フェーズドアレイ気象レーダ」のデータをアプリ化  今まで研究対象として活用されていた「フェーズドアレイ気象レーダ」の最新技術を、一般の人々にも便利に利用してもらいたいと考えていたNICTと、年々増加するゲリラ豪雨の情報を、もっと高い精度でユーザーに知らせたいと考えていた『ライフレンジャー天気』は、本年4月より共同研究を開始し、スマートフォン向け“ゲリラ豪雨検知アプリ”『3D雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~』を開発しました。  WebGLという、雨雲の中の様子を3D描画で高速表示する技術を使用しており、スマートフォンを使って、上空の雨粒の様子を30秒毎のリアルタイムで見せる試みは、本アプリが日本で初めてです。  今回は本レーダが稼働している全国3カ所(大阪・神戸・沖縄)の中から、大阪大学吹田キャンパスに設置されたレーダの観測範囲である大阪府、兵庫県、京都府、奈良県の一部の地域の人々に無料で利用してもらい、様々な意見収集を行います。  豪雨発生の可能性のある時間や場所などの通知は、本レーダで取得した積乱雲の発達状況などを元に、『ライフレンジャー天気』の情報提供元である、気象予報会社のいであ(株)が提供します。 <ゲリラ豪雨検知アプリ『3D雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~』について>  ゲリラ豪雨の卵とも呼ばれる雲の中の雨粒がどれくらいの速度で成長し、地上に落ちてくるかなどの発生・発達状況をリアルタイムで確認でき、これまでとらえられなかったゲリラ豪雨の予兆が瞬時に分かります。 【1】豪雨の危険性を、いち早くスマホのプッシュ通知でお知らせ  1.場所:「現在地」もしくはユーザーが登録した「MY地点」  2.通知内容:今から30分以内の30mmを超える豪雨の可能性を通知   例:〔3D気象レーダ速報〕現在地周辺から10km以内のエリアで、上空に大量の雨粒を観測しました。この後、バケツをひっくり返した様な豪雨の可能性がありますので、ご注意ください。 【2】雨雲内部の様子を3次元レーダーマップで表示  1.「現在地」または「MY地点」上空の危険度の詳細を表示(どの辺の地域にどの程度発達した雲があるかなど)  2.10分前から現在までの上空の雨粒が地上に落ちてくるまでの様子を30秒毎に3D描画で高速表示 ≪実験期間≫2015年7月21日(火)~2015年10月30日(金) ≪実験対象地域≫大阪府吹田市を中心とした80km×80km領域(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県の一部で利用可能) ≪対象OS≫・Android...
<

東芝の基礎体温計とエムティーアイのスマートフォン向けサービス「ルナルナ体温ノート」との連携開始について

 株式会社東芝(以下、東芝)と株式会社エムティーアイ(以下、エムティーアイ)は、東芝の基礎体温計とエムティーアイのスマートフォン向けサービス「ルナルナ体温ノート」のデータ連携を7月下旬から開始します。  「ルナルナ体温ノート」は、体調管理や妊活を考える女性のための基礎体温記録アプリです。今回の東芝の基礎体温計との連携により、アプリを立ち上げ、スマートフォンに体温計をかざすだけで計測データをアプリにワイヤレスで転送し、手入力の必要なく記録することができるようになります。また、過去の生理日をもとに、予測された次の生理日や排卵日を自動で体温データのグラフ上に表示するため、妊娠の可能性や自分のカラダのリズムを把握しやすく体調管理に役立ちます。  東芝の基礎体温計は、数秒のデータの転送時間で日々の体温を簡単に記録できます。また、基礎体温計内に最大7回分の体温データを記憶できるので、1週間分のデータを週末などにまとめてアプリに転送することも可能です。基礎体温計には、短時間で正確に体温を測定するためのセンサー技術、予測アルゴリズム、測定したデータを確実に転送するための通信技術、体温計を毎日使用しても1年以上電池交換が不要な超低消費電力技術などが採用されています。東芝の基礎体温計は、2013年から「楽天キレイドナビ」アプリとデータ連携を開始しており、新たに「ルナルナ体温ノート」とも連携して、女性の健康・美容をサポートしていきます。  東芝は、安心・安全・快適な社会「Human...
<SPLGcapture_01

~選手データや最新情報、分析記事から、より熱く楽しく試合観戦~野球・サッカーの試合速報や勝敗予想を楽しむスポーツ情報サイト『スポログ』登場!

 (株)エムティーアイの子会社(株)メディアーノは、5月22日(金)より、野球・サッカーなどの試合速報やニュース、勝敗予想などが楽しめる、スマートフォン・タブレット・PC向けスポーツ情報サイト『スポログ』(無料)の提供を開始します。  スタート時は、プロ野球、MLB、Jリーグのニュースを24時間リアルタイムで提供するほか、1打席ごとのタイムリーな試合速報、試合日程、選手やチームの成績の詳細データなど、スポーツ観戦をより充実させる、様々な情報を配信します。  また、ユーザー自身が試合の分析や予想、感想などの記事を投稿、SNSへシェアする機能も備えているので、ファン同士がコミュニケーションをとって盛り上がれることも特長です。  さらに、毎週無償で付与されるポイントを利用して勝敗予想をし、倍率に応じて獲得したポイントを使って懸賞に応募することができます。  7月から順次、サッカーの欧州リーグ、大相撲、国内ゴルフも追加予定で、今後は、様々なジャンルのスポーツファンが楽しめるサービスへと拡大します。 ◆スポーツシーズン到来!『スポログ』の登場で、どこにいてもスポーツ観戦がより身近にエキサイティングに!  スタジアムでの応援やテレビ・ラジオの視聴が主だった一昔前のスポーツ観戦と比較すると、昨今はネット中継、パブリックビューイング、スポーツバーなどスタイルの多様化が進み、場所を選ばず楽しめる環境が整ってきました。  特に2大人気スポーツである野球とサッカーの国際試合などで、スタジアム以外の場所に大勢集まって観戦するスタイルは、ファンにとっての一大イベントとなりました。  一緒に一喜一憂したり、解説しあったりすることは、テレビを眺めているだけの観戦とは違い、より熱く一体感が味わえ、ファンには大きな魅力となっています。  しかし、リーグ戦が始まると連日の観戦となり、近くにそのような場所がなかったり、忙しかったりすると、なかなか足を運ぶのは難しくなります。  そこで、どこにいてもみんなで観戦気分が味わえる、『スポログ』が誕生しました。チーム・選手のデータやニュース、コアなユーザーの投稿記事などを参考に、試合を予想しながら「スポーツをより熱く、より楽しく観戦する」といった、新たなスポーツ観戦のスタイルを提供します。 ◆『スポログ』で、試合経過や勝敗予想など、ファン同士で様々な情報交流を!  『スポログ』は、24時間タイムリーに配信される試合速報や最新ニュースをもとに投稿された、コアなファンの勝敗予想・分析記事などを楽しめる、無料のスポーツ情報サイトです。  試合に対する独自の見どころや戦評を投稿し合うことで、共に応援する一体感を味わえ、試合観戦がよりエキサイティングになります。  また、ポイントを使って試合の勝敗予想に参加し、懸賞に応募できる、スポーツの新たな楽しみ方も提案します。 <『スポログ』の概要> プロ野球、MLB、Jリーグ(J1、J2)の試合速報・ニュース・コラムを24時間リアルタイム配信 ・試合速報/試合日程/選手・チーム情報   *情報提供:データスタジアム(株) ・最新の各種スポーツニュース速報   *情報提供:(株)共同通信デジタル ファン同士が試合の分析や勝敗予想、感想などを投稿、SNSへシェアできる機能 毎週付与されるポイントを利用して遊べる勝敗予想機能 勝敗予想で増やしたポイントを使って、懸賞に応募できる   ※サッカー欧州リーグ、大相撲、国内の男子・女子ゴルフを、7月から順次配信予定 サイト名:スポログ アクセス:...
<DearGene_logo_RGB

エムティーアイの100%子会社エバージーンが、新体制でパーソナル・ゲノム事業を展開~がん10種の遺伝子解析が実施できる『DearGene スターターキット』発売~

 (株)エムティーアイの100%子会社で、2013年9月に設立した(株)エバージーンは、この度、パーソナル・ゲノム・サービスの新時代を切り開くために、長年国内外の研究機関に最先端の遺伝子解析技術を提供してきたアフィメトリクス社(本社...
<sakenomy_logo512

~6,000種類以上の日本酒情報を搭載する世界最大の日本酒情報検索アプリの外国語版が登場!~中田英寿氏が監修した、日本酒情報検索アプリ『Sakenomy(サケノミー)』 日本酒アプリ初となるイタリア語版、英語版が登場!

2014年10月から提供を開始している、世界最大の日本酒情報検索アプリ、 2015年5月開催のミラノ万博、全世界の日本酒ファンに向けて外国語対応版を発表!  (株)エムティーアイは、元サッカー日本代表の中田英寿氏と共同で開発した、6,000種類以上の日本酒情報を簡単に検索でき、自分好みの日本酒をレコメンドしてくれるスマートフォン向け日本酒情報検索アプリ『Sakenomy(サケノミー)』の、イタリア語版、英語版を、本日より提供します。  『Sakenomy』は2014年10月から日本語版の提供を開始しました。世界最大の日本酒情報量を内蔵し、自分好みの日本酒をレコメンドしてくれるという独自の機能をもつ本アプリは、提供開始後2日間で約1万4,000ダウンロードを記録。国内外から大きな反響がありました。また、来る2015年5月からイタリアで開催される「ミラノ国際博覧会」に向けて、中田氏の「海外の方にも、日本酒の魅力を伝えたい」という強い想いから、今回の日本酒アプリ初となるイタリア語版、英語版の提供に至りました。 ◆日本全国を旅し、200以上の酒蔵を訪問した中田英寿氏が『Sakenomy』を監修  『Sakenomy』は、中田英寿氏が監修。現役引退後、日本全国を旅する中で200以上の酒蔵を巡り、日本酒の価値を再発見した中田氏が、これを“世界にアピールしたい”という想いに至ったことから生まれました。  アプリの監修に携わった中田氏は、2012年ロンドンオリンピックや2014年ブラジルワールドカップで日本酒を世界の人々に紹介するイベントを行った経験を活かし、アプリのコンセプトやネーミング、デザインに至るまでアドバイザーとして制作に参画しました。 ※『Sakenomy』ネーミングの由来・・・“美食文化、美食学”などを意味する『gastronomy(ガストロノミー)』のように、酒とそれにまつわる文化ついて学び、楽しみ、味わい、親しむことを願って作られた造語。酒を飲むだけでなく、日本酒文化を広い視点で伝えることを目的とし、中田氏が命名しました。 ◆『Sakenomy』概要 【1】世界最大級のデータベースで日本酒情報を検索。“日本酒ラベル認識機能”も搭載 →...
<柏市電子母子手帳

~子育て世代と自治体を繋ぐ、新たな官民連携コミュニケーションツール~エムティーアイの「電子母子手帳」を、千葉県柏市が提供開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した「電子母子手帳」サービスは、4月1日(水)より、千葉県柏市に試験導入され、同市の妊産婦・子育て中の母親およびその家族へ向けて提供されます。  柏市をはじめとする、公民学連携コンソーシアムが取り組む“柏の葉スマートシティ”プロジェクトは、総務省が進める「平成25年度ICT街づくり推進事業」の一つとして採択されました。  当社の「電子母子手帳」サービスも、子育て世代への健康支援サービスとして、昨年行われた本プロジェクトの実証事業に参加した結果、地域ぐるみで子育て世代を支援し、紙の母子手帳を補完する利便性の高い新たなコミュニケーションツールとして評価され、2016年の正式導入に先駆けて、試験導入されることになりました。  この「電子母子手帳」は、スマートフォン・タブレット・PC向けのWebサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や、出産・育児に関するアドバイスなどを提供するほか、市が実施する「乳幼児健診」や「母親学級」のお知らせなど、自治体と母子をつなぐ役割も担います。  今後は、さらに質の向上を図り、自治体・病院・保育園・幼稚園・小中学校などの“地域が主役の子育て”を支援するツールとして、柏市の本格導入を皮切りに全国展開を目指します。 ◆スマホとネットを活用して、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会を支援  平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」にもとづく「子ども・子育て支援新制度」が来月から開始されることもあり、各自治体が子育て支援には力を注いでいます。  特に、総務省が進める「平成25年度ICT街づくり推進事業」の委託先として選定された千葉県柏市では、転出入が多く、全市民に均一のサービス提供し続けるのが難しいという課題を、地域のボランティアと協力して解決に当たるなど、母子が安心して暮らせる環境作りを積極的に進めています。   昨年には“柏の葉スマートシティ”プロジェクトにおいて、子育て世代に向けた健康支援サービスの実証事業を行いました。  中でも、柏市の取り組みにあった試みとして期待されていた、当社の「電子母子手帳」サービスは、若年層が使いやすいスマートフォンなどで、個人の状況にあった情報を閲覧できるようしたことで、新たな官民連携コミュニケーションツールとして高く評価され、4月1日(水)より、妊産婦・子育て中の母親およびその家族へ向けて提供されることになりました。  今後もさらに質の向上を図り、核家族化が進む若い世代も安心して出産・子育てできる環境作りの一助を担っていきます。 ◆自治体~地域~若い子育て世代をつなぐ、新たなコミュニケーションツールへ  柏市が提供する「電子母子手帳」は、常に持ち歩くスマートフォンやタブレットなどで閲覧できるため、今までなかなか情報を届けることができなかった若い世代の母親たちにも、より広く、市の取り組みやサービスを知ってもらうことができます。  市が提供する多くの情報の中から、児童手当や医療費助成制度など、妊娠・育児に適した情報をピックアップして配信したり、市が開催する母親学級を動画でWeb受講できるなど、便利に活用できるのが特長です。 ◆電子母子手帳なら母子の健康情報を家族で共有でき、イクメンをサポート!  「電子母子手帳」は、妊産婦と子どもの健康データをサイト上で一元管理できるほか、様々な役立つ知識や情報を、スマートフォン、タブレット、PCでいつでもどこでも簡単に閲覧できます。  家族が持つスマートフォンなどでも閲覧できるため、父親の育児参加を促すきっかけや、祖父母とのコミュニケーションにも役立ち、妊娠・出産・育児に奮闘する母親たちの、身近で力強い味方となってくれます。 <電子母子手帳の概要> 【市から提供される各種制度・サービスの案内】  ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●沐浴や離乳食の作り方など、過去の母親学級の模様を動画で閲覧できる 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長・体調記録(グラフ化) ●予防接種...
<mdj 1. poster

関ジャニ∞出演の『music.jp』新TVCMを3月20日よりオンエア!~メンバーがシュールなイラストで登場し「マンガ」も読める『music.jp』をアピール~

 (株)エムティーアイが運営する、音楽・動画・書籍を配信する総合ストア『music.jp』は、3月20日(金)より関ジャニ∞を起用した新CMの放送を開始します。  2010年から『music.jp』のCMに出演している関ジャニ∞ですが、今回はメンバー全員がシュールなイラストとなってCMに登場します。  全部で3種類あるCMでは、本サイトが「音楽」だけでなく「マンガ」も読めることを、関ジャニ∞らしいテンポのいい会話を交えつつアピールしています。  『music.jp』は、共通ポイントを利用して、音楽だけでなくマンガ・書籍・動画が購入でき、1つのアカウントで、購入したデバイス以外のスマートフォンやタブレット、PCでも追加料金なしで利用できる便利なサービスです。  今後も、作品数のさらなる充実を図り、音楽だけでなく、マンガや小説、ドラマやアニメなどの動画も楽しめる『music.jp』の新たな魅力で、幅広い利用者の獲得を目指します。 ◆似てる?似てない?一度見たら忘れられないインパクトあるメンバーのイラストが…CMに!  昨年、デビュー十周年を迎え、歌手活動のほか、バラエティ番組への出演をはじめ、ドラマや映画など個性を生かした活躍が際立つ関ジャニ∞のメンバーが、今回の『music.jp』のCMではシュールなイラストとなって登場します。  楽曲配信サイトとしては、すでに人気の高い『music.jp』ですが、実は「マンガ」をはじめとする電子書籍なども購入できる総合ストアであることを、メンバーのエピソードを交えた楽しい会話で紹介しています。  3種類のCMは15秒ver.と30秒ver.を合わせ、計5パターンを作成。中にはメンバーが居眠りする様子から始まるパターンがあったり、今回も関ジャニ∞ならではのクスッと笑える楽しいストーリーになっています。 ...
<ライフレンジャートップ画像

~天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』が、地震・津波に対する意識調査を発表~防災意識を高めるための様々な情報を発信する「3.11特集」スタート

 (株)エムティーアイが運営する天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』は、3月4日(水)から、震災時の対策や支援を改めて考える「3.11特集」を開始します。  特集では、全国の男女700名を対象にした「地震・津波に対する備え」の意識調査を発表したり、被災地の震災直後から現在までの様子や、現地の人が語る「震災から得た教訓」を伝えたりすることで、災害に対する備えがいかに大切かを喚起します。  また、被災地支援を後押しするために、身近で実施できる応援方法の紹介や、東北地方の旅をサポートする『ことりっぷ...
<music.jp_cpmini

総合WEBストア『music.jp』が書籍に加え、動画の配信を開始!~ドラマ・映画など、10万本の作品数を誇るビデオマーケット社がサービス提供~

 (株)エムティーアイが運営する、音楽・書籍を配信する総合ストア『music.jp』は、3月10日(火)よりAndroid版で、3月下旬よりiPhone版で動画の配信を開始します。  動画サービスは、モバイル市場最大級の配信数を誇る、関連会社の(株)ビデオマーケットから提供を受け、『music.jp』のサイト上で、「ドラマ・アニメ・映画」カテゴリーを新設して配信します。  これにより、『music.jp』共通ポイントを利用し、音楽・書籍・動画を購入できるようになり、『music.jp』アカウントが1つあれば、購入したデバイス以外のスマートフォン・タブレット・PCでも追加料金なしで利用できるため、ユーザーにとってより便利で満足できるサービスになります。  『music.jp』では今後も、各コンテンツの作品数の拡充を行い、ネット環境やデバイスの進化に合わせて品質の向上に努めることで、エンターテインメント性の高い総合ストアとしての認知拡大を図っていきます。 ◆業界No.1の作品数と品質を誇る(株)ビデオマーケット  近年若年層を中心に、動画を視聴するメディアが、TVからインターネットへと移り変わってきており、特にモバイルのビデオ・オン・デマンドサービスは、さらに画面が大きくなったスマートフォンやタブレットなどの携帯端末の急速な普及と、通信環境の整備によって、今後ますます成長が期待される分野のひとつです。  急増するモバイルでの動画視聴に対応する環境を整えるために、2013年に関連会社となった(株)ビデオマーケットは、最新映画から今放送中のドラマ・アニメ・バラエティなどの見逃し配信まで、10万本以上の動画をスマートフォンやタブレットを中心に提供しており、圧倒的な作品数と品質、対応機種の多さを武器に、多くの利用者の支持を得ています。 ◆『music.jp』で最新ドラマ・映画・アニメをはじめとする人気動画が楽しめる!  今回『music.jp』は、音楽、小説・コミック・実用書などの書籍に加え、(株)ビデオマーケットの動画サイト「Video...
<hp_pc top

エムティーアイの「電子母子手帳」が、東京都子育て応援ファンドのモデル事業に!ネット&リアル連携で、全国自治体から多くの妊産婦への普及を目指し、モニター検証開始

 女性の健康情報サイト『ルナルナ』を運営する(株)エムティーアイは、東京都が実施する「平成26年度東京都子育て応援ファンドモデル事業」の事業者として採択され、2月16日(月)より、都内在住の妊産婦100名を対象に、「電子母子手帳」サービスのモニター検証を行います。  本モデル事業は、東京都が、子どもを産み育てたいと望む人たちが安心して子育てできる環境整備を手掛ける企業や地域団体などへの支援を目的としています。  日頃『ルナルナ』で妊娠・出産・育児中の女性をサポートしている当社は、妊産婦が一番感じる“不安”を和らげ、安心して妊娠・育児ライフを送るための味方となる「電子母子手帳」サービスを提案し、モデル事業の一つとして採択されました。  この「電子母子手帳」は、スマートフォン・タブレット・PC向けのWebサイトで、“母子の健康データの記録・管理”...
1 2 3 4 5 28