mie_kuwanashi_sns

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が三重県桑名市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が三重県桑名市にて本導入され、『くわなハッピーナビ』として4月1日(水)より提供を開始します。 三重県の北部に位置する桑名市は、木曽三川や多度山の雄大な自然に恵まれ、ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財「桑名石取祭」などの歴史・文化が多く残るまちです。また、日本有数のテーマパークを抱える県内屈指の観光都市としても知られています。 同市では、「すべては子どもの笑顔のために」を合言葉に、子育て中の家庭だけではなく地域や事業者などの様々な力を合わせた「全員参加の子ども・子育て支援」を目指しています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。   ◆社会の宝である子どもを守り、地域全体で子育てを応援する三重県桑名市で『母子モ』の提供を開始!  桑名市では、地域の主任児童委員や民生委員児童委員、子育てボランティアの協力のもと、地域に密着した「子育てひろば(キッズサロン)」や、公園へ出向き、子どもたちと一緒に遊び、子育て情報の提供・育児相談を行う「あおぞら出前保育」を実施しています。 また、乳幼児を連れた保護者が安心して外出できる環境を整備するため、市内の公共施設や民間施設で、授乳やおむつ替えなどの対応が可能な施設を「赤ちゃんの駅」として登録することや、「子どもは社会の宝」であるという認識を地域全体で共有し、地域が一体となって子育てを応援する社会を目指して、子育て家庭応援カード「くわなスクスクカード」を発行するなど、地域社会全体が力を合わせた全員参加型の子育て支援を実施しています。 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報の新たな発信ツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。   ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  桑名市に採用された『くわなハッピーナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。     <『くわなハッピーナビ』の主な機能>  【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)●予防接種...
ふじさき子育て支援アプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が青森県藤崎町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県南津軽郡藤崎町にて本導入され、『ふじさき子育て支援アプリ』として4月1日(水)より提供を開始します。 青森県津軽平野のほぼ中央に位置する藤崎町は、世界一の生産量を誇るりんごの品種となった「ふじ」発祥の地であり、りんごをメインに、にんにくや米など豊かな農作物に恵まれた、水と緑に囲まれた自然あふれるまちです。 同町では、「未来を担う子ども達をみんなで支え、安心して生み育てることのできるまち」を基本理念に、子育て家庭、地域とともに町全体で子育てを支援していく取組みを積極的に進めています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆「藤崎町子育て世代包括支援センター」を開設し、新たな子育て支援を行う青森県藤崎町で『母子モ』提供開始!  藤崎町では、母親か胎児のいずれか、または両者に重大な危険が予想される妊産婦が、治療・出産・子どもの面会などのために周産期母子医療センターへの通院または入院する際、必要な交通費や宿泊費の一部を助成する「ハイリスク妊産婦アクセス支援事業」や、藤崎町の地域の子育てを支援する事業所・団体などが、子育て家庭にやさしい設備やうれしいサービスの提供を行う「ふじさき子育て応援団」など、地域社会全体で子育てを応援する取組みを実施しています。 また、令和2年4月1日より、妊娠期から子育て期にわたるまでの多様なニーズに対し、総合的相談支援を提供するワンストップ拠点として「藤崎町子育て世代包括支援センター」を開設し、より子育てしやすいまちづくりを進めています。本センターの設置に伴い、妊娠期から子育て期までの様々な支援サービスの情報を、リアルタイムに子育て家庭に届けることを目的に、ICTを利用した支援策として当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  藤崎町に採用された『ふじさき子育て支援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <青森県藤崎町...
つがる市子育てナビ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が青森県つがる市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県つがる市にて本導入され、『つがる市子育てナビ』として4月1日(水)より提供を開始します。 青森県の西北部に位置するつがる市は、縄文時代晩期の史跡が残る亀ヶ岡遺跡や、青森県指定天然記念文化財として登録された樹齢120年以上の日本最古のりんごの木など、歴史が彩る観光地として有名なまちです。 同市では、「子ども・親・地域が手をつなぎ 笑顔をはぐくむ 幸せいっぱい つがるっ子」を基本理念とし、妊娠期から出産期、そして子どもが成長するまで一貫したサポート体制を整え、子育てしやすいまちづくりを目指しています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子どもの成長を見据えたサポート体制が整う青森県つがる市で『母子モ』の提供を開始!  つがる市では、これから出産を迎える家庭を対象に「プレママ・プレパパ 赤ちゃんふれあい体験」を開催し、先輩ママへの気軽な相談や、保健師・助産師にアドバイスを受けられる場の提供、さらに妊娠中の健康管理のため、医療機関に委託して産後健診を無料で受けられる「産婦委託健康診査」など、安心して妊娠期から出産期を過ごせるサポート体制が整っています。 また、手厚いサポートのもと、子どもを産み育てることができる環境づくりを通じた若者世代の定住促進を目指し、第2子以降の子どもに係る保育料・副食費を助成する「つがる市保育所等第2子以降支援助成事業」や、0歳から中学校卒業の15歳までの医療費を助成する「つがる市すこやか医療費助成制度」を実施し、子育てにかかる経済的負担を軽減しています。さらに、小学校入学後は、親が仕事などにより家を留守にする場合、放課後児童クラブを実施し家庭の不安を解消するなど、子どもの成長時期に合わせた、頼れる支援制度が充実しています。 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  つがる市に採用された『つがる市子育てナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。   <『つがる市子育てナビ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内●自治体が配信する各種お知らせ【記録・管理】●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)●予防接種...
owani

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が青森県大鰐町で提供を開始!

   (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県南津軽郡大鰐町にて本導入され、『おおわに子育て応援アプリ』として4月1日(水)より提供を開始します。 青森県の南部に位置する大鰐町は、800年の歴史を持つ大鰐温泉やその温泉を利用し栽培される津軽伝統野菜「大鰐温泉もやし」、寒暖の差が大きい気候風土を生かした「大鰐高原りんご」などの特産品も有名な、古い伝統と豊かな自然にあふれるまちです。 同町では、「健やかで笑顔にあふれ豊かな心を育むまち」を基本理念とし、地域で支え合い、子どもを産み育てることに喜びを感じるまちづくりを進めています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子育て世帯に嬉しい、思いやりのある子育て支援が充実した青森県大鰐町で『母子モ』の提供を開始!  大鰐町では、子育て世帯の住みよい暮らしのサポートと定住支援のため、新築、中古住宅の購入やリフォームをする際の費用の一部を助成する「大鰐町子育て住宅支援事業」や、町の郷土愛の醸成と地域資源の地産地消のため、出産祝い品として米などの特産品をプレゼントする「大鰐の元気!もりもり子育て応援事業」を実施するなど、大鰐町で子育てをすることで、楽しい未来と喜びが感じられる子育て支援事業を進めています。 また、「子ども医療費給付事業」の所得制限の撤廃、給付対象年齢拡大により、保護者の経済的負担を軽減し、子育てしやすい環境づくりに取り組んでいます。 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  大鰐町に採用された『おおわに子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。   <青森県大鰐町 山田 年伸町長からのコメント>  大鰐町では、「健やかで笑顔にあふれ豊かな心を育むまち」を基本理念に掲げ、安心安全な妊娠・出産・育児のための切れ目のない支援、子育て家庭への経済的負担の軽減等さまざまな施策に取り組んでおります。 今回、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援の、より一層の充実を図るため、『おおわに子育て応援アプリ』を導入いたしました。 このアプリの導入により、妊娠中・子育て中の方の不安や負担が少しでも軽減され、未来を担う子どもたちが健やかに成長することを願っております。     <『おおわに子育て応援アプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内●自治体が配信する各種お知らせ【記録・管理】●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)●予防接種...
tokushima_kamiitacho_sns

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が大分県中津市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が大分県中津市にて本導入され、なかつで子育て応援アプリ『ミライヘススメ』として4月1日(水)より提供を開始します。 大分県の北西部に位置する中津市は、日本三大水城のひとつである「中津城」の城下町が広がり、市のシンボルである「八面山」や日本遺産に認定された「耶馬渓」など、歴史情緒ある町並みと豊かな自然が魅力的なまちです。 同市では、「つながる安心、つながる元気、未来につなぐ」をキーワードに、みんなが子育てしたくなるまちづくりを進めており、今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。   ◆地域全体で子どもたちの成長を支え、充実したサポートが整う大分県中津市で『母子モ』の提供を開始!  中津市では、大型の屋内遊び場「なかつ・こどもいきいきプレイルーム」や大規模な遊具を備えた「なかつ・わくわくふれあい広場」、小・中・高生が集える「村上記念童心館」など、あらゆる年代の子どもの居場所づくりが進められています。 また、中津市民病院を核とした「安心の医療体制」や、子育て世代包括支援センターと各地域の子育て支援センター等関係機関との連携による「切れ目・すき間のない顔の見える支援体制」など、安心して産み育てられるサポート体制が確立されています。そのほか、愛育研究センターの活動や子育てサークルの支援、子どもの看護休暇制度の促進など、中津市ならではの子育て支援の取り組みを行うことで、子育てしやすい環境を整えています。 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。   ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  中津市に採用されたなかつで子育て応援アプリ『ミライヘススメ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。   <大分県中津市 奥塚 正典市長からのコメント>  中津市では、「みんなが子育てしたくなるまちづくり」を進めるため、「親子で楽しめる居場所づくり」や「切れ目・すき間のない顔の見える子育て支援」などに取り組んでいます。 その一環として、この度、なかつで子育て応援アプリ「ミライへススメ」の運用を開始することとなりました。 このアプリでは、お子さんの成長の記録や予防接種のスケジュール管理ができ、それを家族で共有することもでき、更に中津市からの情報をタイムリーに受け取ることもできます。 是非、このアプリをご利用いただき、中津市で子育てを楽しんでいただければと思います。   <なかつで子育て応援アプリ『ミライヘススメ』の主な機能>  【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)●予防接種...
げんかいっこアプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が佐賀県玄海町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が佐賀県東松浦郡玄海町にて本導入され、『げんかいっこアプリ』として4月1日(水)より提供を開始します。 佐賀県東松浦半島の中央に位置する玄海町は、雄大な玄界灘に面したリアス式の美しい海岸が魅力のまちで、特に浜野浦の棚田は、斜面が幾重にも連なり自然の景色を映し出す造形美のすばらしさで知られています。 同町では、「豊かで住みよい魅力と活力のあるまちづくり」を基本理念に、子育て世帯の負担を軽減し、育児を地域で応援してサポートする施策を実施しています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆“子育て世帯が住みたい町”を目指す佐賀県玄海町で『母子モ』の提供を開始!  玄海町では、保育所に入所していない子どもの保護者が急な用事や病気、疲れなどで一時的に保育が困難になったときに、あらかじめ登録をしたうえで、保育所を利用できる「一時保育事業」によって、育児と仕事の両立や、保護者の精神面をサポートする体制が整っています。 また、玄海町あるいは隣接する唐津市在住の子育てサポーター会員が、託児・送迎・送迎託児の3つのサポートを行う登録制の育児支援「ラビットくん」などによって、近隣の住民同士で子育てを助け合う文化が育まれています。 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  玄海町に採用された『げんかいっこアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <佐賀県玄海町 脇山 伸太郎町長からのコメント>  玄海町では、「豊かで住みよい町づくり“子育て世帯が住みたい町”」を目指し、小さな町ならではの、妊娠期間から出産・育児期にかけて切れ目のない、顔の見える子育て支援を行っているところです。 この度、子育て世帯の方々にきめ細やかな子育て支援情報を発信するため『げんかいっこアプリ』の運用を開始することとなりました。このアプリを活用して、妊娠期から子育て期の記録の管理やご家族でのデータ共有、町からの子育てに関する情報なども受け取ることができるようになります。 是非このアプリを多くの子育て世帯の方にご活用いただき、子育ての一助となればと願っております。 これからも、様々なニーズに応え、玄海町の宝である“げんかいっこ”が健やかに育つ環境づくりを進めてまいります。 <『げんかいっこアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内●自治体が配信する各種お知らせ【記録・管理】●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)●予防接種...
akita_katagamishi_sns

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が秋田県潟上市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が秋田県潟上市にて本導入され、『どこでも かたるん♪』として4月1日(水)より提供を開始します。 潟上市は秋田県のほぼ中央の沿岸部に位置し、美しい花と緑を感じられる「ブルーメッセあきた」や県内最大級の公共温泉施設を有する「天王グリーンランド」、国の重要無形民俗文化財に指定され「東湖八坂神社統人行事」など多くの観光資源をもち、都市部からのアクセスもよくベッドタウンとしても期待される魅力あるまちです。 同市では、「すべての子どもの幸せの実現に向けて、地域のすべての人ができることを行い、子どもと子育て家庭を地域社会全体で支援していくまちづくり」を基本理念に、地域全体で子育てを支援する環境づくりを進めています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。   ◆多様なニーズに対応した子育て支援が、新たなサポートでさらに充実!秋田県潟上市で『母子モ』の提供を開始  潟上市では、不妊治療を行っている夫婦を対象に、県の助成額の限度額を超えた自己負担分を全額助成する「潟上市特定不妊治療費助成事業」や、第3子以降の出産に対し出産祝い金を支給する「出産祝い金事業」など、妊娠前から出産後にかかる経済的負担を軽減する制度が充実しています。また、子どもの健康状態や健全な発育・発達、育児に関する相談などが気軽にできるよう、保健師や助産師が訪問する「こんにちは赤ちゃん訪問」などを通して、子育てにおける不安を和らげるなど、安心して子どもを産み育てることのできる環境が整っています。 令和2年4月1日には、妊娠期から子育て期にわたるまでの多様なニーズに対し、総合的相談支援を提供するワンストップ拠点として「子育て世代包括支援センター」を開設し、さらなる子育て支援の充実を図っています。今回、本センターの設置に伴い、妊娠期から子育て期までの様々な市の支援サービスの情報を、リアルタイムに子育て家庭に届けることを目的に、ICTを利用した支援策として当社の『母子モ』が採用されました。   ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  潟上市に採用された『どこでも...
飯山市 母子モ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長野県飯山市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長野県飯山市にて導入され、4月1日(水)より提供を開始します。 長野県の北端に位置する飯山市は、南西部に斑尾高原、北西部に鍋倉山、東部に北竜湖など、豊かな自然に恵まれ、四季折々の景観が美しいまちです。世界有数の豪雪地帯で2つのスキー場を有し、いいやま湯滝温泉など4つの温泉や数多くの寺社があることから「雪国の小京都」と呼ばれる歴史ある町並みには観光客も多く訪れます。 同市では、「親も子もいきいきと安心して暮らせる飯山市」を柱として、多様な子育て支援サービスや保育サービスの充実を図り、安心して子どもを産み育てる環境づくりを推進しています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆親も子もいきいきと安心して暮らせる子育て環境を提供する長野県飯山市で『母子モ』の提供を開始!  飯山市では、「子育てするなら飯山市」の実現に向け、乳幼児から高校生まで、様々な年代の子どもたちが運動・創作活動など遊びや行事を通して、お互いの交流を深めながら豊かな情操を養うことができる飯山市子ども館...
のびのび♪しもすわっこ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長野県下諏訪町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長野県諏訪郡下諏訪町にて導入され、『のびのび♪しもすわっこ』として4月1日(水)より提供を開始します。 長野県の中央部に位置する下諏訪町は、中山道と甲州街道の交わる宿場町として栄えたまちで、当時の面影を残す町並みや豊富な温泉、古事記や日本書紀に登場する諏訪大社、国の天然記念物に指定された八島ヶ原湿原など、多くの観光資源に恵まれています。 同町では、「次世代を育てる子育て支援」を基本理念とし、すべての人が地域で成長する子どもたちとの関わりを通じて、喜びや感動に満ちた生活を送ることができるまちづくりを目指しています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。   ◆手厚い子育て支援で、安心して子どもを産み、育てることができる長野県下諏訪町で『母子モ』の提供を開始!  下諏訪町では、母子健康手帳交付時から地区担当保健師が関わり、乳幼児健診や産後ケア事業などの母子保健事業と子育て支援の連携により、妊娠期からの切れ目ない支援を実施しています。また、子育てふれあいセンターでは、子どもを預かってほしい人と子どもを預かりたい人の育児の相互援助を促進するファミリーサポート事業や、育児相談、ママ講座を開催するなど、地域一体で子どもを育てていく体制づくりが進んでいます。 さらに、乳幼児を育てる家庭に燃やすごみ袋を無償提供する乳幼児家庭「燃やすごみ袋」支給事業や、病気や就労の関係で育児が難しい際、病児・病後児保育施設を利用した場合に、利用料に対し補助金を交付するなど、子育て世帯が経済的にも精神的にも負担が軽減するような手厚い支援制度を設けています。 同町は、長野県自治振興組合に参画し、システムの共同利用化事業による業務の効率化やコスト削減だけではなく、ICTを活用した住民へのサポートを推進しています。その一環として、今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  下諏訪町に採用された『のびのび♪しもすわっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <長野県下諏訪町 青木 悟町長からのコメント>  下諏訪町では、子どもは地域の宝、という思いを持って町づくりを進めています。明るく活気ある、これからの下諏訪町を築き上げていくのは、子どもたちです。 この度、子育てをより楽しく充実したものにしていただくために、子育てアプリ「のびのび♪しもすわっこ」の提供を開始いたします。このアプリを通して、子育て世代の皆さまがより安心して、子どもを育てることができるよう、子育て支援情報を発信していきますので、是非、ご活用いただきたいと思います。     <『のびのび♪しもすわっこ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内●自治体が配信する各種お知らせ【記録・管理】●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)●予防接種...
ながわ子育て応援アプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長野県長和町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長野県小県郡長和町にて導入され、『ながわ子育て応援アプリ』として4月1日(水)より提供を開始します。 長和町は長野県のほぼ中央、小県郡の南部位置し、美ヶ原高原や紅葉の名所である本沢渓谷・不動滝などの雄大な自然と、江戸時代に中山道の宿場町として栄えた面影を残す旅籠建築が残る情緒ある町並みが広がっています。また本州最大規模の黒耀石原産地であり、300年の伝統のある「立石和紙」など伝統文化も息づくまちです。 同町では、緑豊かな大自然の中で、社会の宝である子どもたちを人間性豊かに伸び伸び育てることを基本に、地域全体で子どもの成長と子育てを支援する取り組みを進め、子育て日本一のまちを目指しています。 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。   ◆妊娠・出産・子育てを切れ目なく支援し、子育てを応援する長野県長和町で『母子モ』の提供を開始!  長和町では、子どもが生まれた家庭だけでなく、小学校・中学校へ入学した際にも「子育て応援給付金」を交付しています。乳児1カ月健診にかかる費用や、高等学校の通学費の補助、さらに18歳までの医療費の無償化など、ライフステージに合わせた子育てにかかる経済的負担を軽減する支援制度が充実しています。 また、妊娠届出時の全員への保健師の面談、子どもが生まれた後も全戸訪問を実施、その後も細やかな健診や学級を行い、いつでも相談できる体制を作っています。また、子育て中の親子の交流や情報交換、保育士への子育て相談もできる「子育て支援センター」を開設するなど、妊娠期から子育て期まで切れ目ない支援を実施し、安心の子育て環境を提供しています。 同町は、長野県自治振興組合に参画し、システムの共同利用化事業による業務の効率化やコスト削減だけではなく、ICTを活用した住民へのサポートを推進しています。その一環として、今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  長和町に採用された『ながわ子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <長野県長和町...
1 2 3 4 58